<   2005年 09月 ( 28 )   > この月の画像一覧
火の鳥
肌寒い。秋冬の暖房が心配になってきた。部屋数が増えたから、暖房器具を買い足さなければならない。引越以降、本当に派手に金を使っている。カードの引き落としが怖いよう。昨日は複数の仕事が入り、10月前半はほぼ埋まった。ほっと一息。使った分は稼がないとな。早く資産運用について悩みたい。

ここ数日、寝る前に妹1からもらった「火の鳥」(手塚治虫)を読んでいる。前にも読んだことはあるのだが、ここ何年か、私自身が古事記や神道近辺の文章を読んできたために、前に読んだときには気づかなかった発見がある。ああ、そうだったのか!そういうメタファーか!みたいなねー。古典の知識があると、読書の楽しみが増える。まだ5巻。先が長くてうれしい。そういえば、朝刊にカムイ伝の新装版に関する広告があった。カムイ伝もおもしろい。子供の頃、児童館で読んだっけ。


猫写真

あ、ぶぶの後ろに「火の鳥」が!

[PR]
by bou2cat | 2005-09-30 12:08 |
英語教育
トライアルの訳文はすでに送付。さあ、どうなるか。

昨日は手持ちの仕事がなかったので、吉祥寺のユザワヤに行き、細々としたものを調達したあと、カフェで一休み。隣に若い母子がいたのだが、子供の方が突然、「Yummy, yummy!(おいしい、おいしい)」と叫んだので、ああオドロイタ。英語教室にでも通っているのかな。

昔、本屋で立ち読みしていたとき、棚の反対側で、誰かが平積みになった本の表紙をリズミカルに叩いている音が聞こえた。

ドンドン バン ドンドン バン・・・・

聞き慣れたリズム。頭が少しずつ上下する。さあご一緒に~

(....we will, we will rock you!)

と心のなかで歌い出したところ、棚の向こうで、子供が大声で

「WE WILL, WE WILL ROCK YOU!!」

とシャウト。しかも、サビ以外の部分もそらんじているらしく、「♪Buddy you’re a young man hard man....」と歌いながら、そしてヘッドバングしながら棚の間を歩いていった。感嘆。まだ小学校低学年くらいの男の子だよ。すごいなー。その後ろ姿を見送っていたら、いかにもロックなパパが登場。なるほど、合点がいった。これも教育。ただし、英語教育ではない。


猫写真

ぶぶも英語でどうぞ。

「m, mew...?」

[PR]
by bou2cat | 2005-09-29 13:22 | 生活
シュレッダー購入
昨日、シュレッダーが届いた。念願のクロスカットシュレッダー。フェローズのP-45C。報告書やプレスリリースなどの広報資料は、発表されるまで待って処分してきたが、問題は社外秘文書だ。これはさすがに、シュレッダーで処分しないとまずい。しかも、私は紙に印刷しないと推敲できないタイプなので、地球には申し訳ないが、訳文の紙ゴミも大量に発生する。そういうわけで、シュレッダーを買ったら処分しようと、納戸にごっそり紙ゴミを貯め込んでいた。

早速電源を入れ、ばんばん切っていく。爽快。ぶぶは音が怖いのか、少し離れた場所からのぞき見。ぶぶのシッポが巻き込まれないよう、ロックのかかるものにした。運転音は小さくはないが、許容範囲。満足。


猫写真

キャットタワーから切り取ったブランコ(トンネル)は、
テレビ台を経て、猫台に。
雑貨屋で買った丸座布団がぴったり。

[PR]
by bou2cat | 2005-09-28 11:41 | 生活
フロントライン
実物は見ていないが、ダニがいる気がする。気を付けていたのに、夏の終わりになって出やがった。脇の裏の部分と、腹を噛まれた(猫ではなく、私が)。痕からして、蚊ではない。黒くて、とびはねるものは見かけていないので、ノミではないと思うのだが(フンらしきものもない)、念のため、フロントライン・プラスを買ってきて、ぶぶにたらす。ノミには効くだろうが、ダニにも効くんだろうか。まあ、予防の意味でもやっておくにこしたことはないけれど。朝、ベッドの上をよく見てみたが、ノミの死骸らしきものはなかった。ダニがハゲの原因だろうか。ハゲの部分は、なんとなく縮まって来ている気はするが、よく分からない。かゆくはないようだ。日曜の検査結果を待つべし。


猫写真

じー。

猫写真

ゴソゴソ。

[PR]
by bou2cat | 2005-09-27 11:17 |
大きい人
朝、一本納品。次はトライアル原稿。今月中に何としても仕上げなければ。一カ月の猶予があったのに、本当に一カ月ぎりぎりで提出することになりそう。あっという間に時間が過ぎてしまう。そういえば、9月も最後の週。駅前の雑貨屋の店頭には、もう来年の手帳やカレンダーが並んでいた。何に対してか分からないが、とにかく待ってくれといいたい。

知らないうちに、地球博も終わっていた。最近のニュースで疑問だったのは、「モリゾーとキッコロが大人気」というやつだ。子供はどうして、ああいうのが好きなんだろう。大きいから? さっぱり分からない。キッコロはともかく、モリゾーはどうなの。まあでも、笑った顔はかわいいかな。

昨日、近所のスーパーでトイレに入った(冷房で腹をこわした)。用を足して、ドアを開けたら、母子連れが待っていた。就学前と思われる小さな男の子が、私を見てひとこと:

「小さい人じゃなかったねー(残念そうに)」

ごめんよ、大人が出てきて。でも、私とモリゾーとどう違うのさ。もこもこしていないからいけないの?


猫写真

「色が違う」

確かに。

[PR]
by bou2cat | 2005-09-26 11:10 | 生活
天の大蛇の腹の脂肪
強風の一日。雲が重くたれ込めている。

2年ほど前、仕事でクアラルンプールに行ったとき、馬モチーフで統一された、豪華だけどキテレツなホテルに泊まった。そこのカフェで打ち合わせをしたとき、適当に冷たそうな飲み物を頼んだところ、ものすごいものが来た。正体は不明だが、大変美しいエメラルド色の液体に、白いクリームとタピオカが乱舞する、超ゴージャスなクリームソーダ(らしきもの)。一緒にいた人としばし無言で眺めたあと、「すごいですね、なんだか・・・」と顔を見合わせた。グラスの中で天地創造が行われているような、不思議な飲み物だった。見た目のインパクトが強すぎて、味はよく覚えていないが、結構おいしかったように思う。

帰国後、その人にメールをしたとき、文末に「天地を飲み込んだ女より」と書いたら、「『ダンス・ウィズ・ウルブス』みたいですね」と返信が来た。私はこの映画を見たことがないのだが、この映画では主人公の男がインディアンから、「ダンス・ウィズ・ウルブス(狼と踊る男)」という名前をもらうらしい。そんなわけで、「天地を飲み込んだ女」は大物な響きがするので、結構気に入っている。使う機会がないかな(ナイナイ)。

今日の空は、「天の大蛇の腹の脂肪が地上に染みだしたような空」だった。それがいいたかったんです。


猫写真

「ねーねー、脂肪って何」

・・・見る?

[PR]
by bou2cat | 2005-09-25 15:57 | 生活
避難はしご
9時過ぎまでダラダラと寝ていたら、ドアホンが鳴った。すっかり忘れていたが、今日はベランダの避難はしごの点検日。慌てて着替えて、ドアを開ける。

点検を一緒に見ていたのだが、思った以上に立派で驚いた。縄はしごみたいなやつがピロローンと出てくるかと思ったら、そんなことないんだな、今は。プッシュボタンひとつで、シャーっと金属製の立体的なはしごが下の階のベランダに降りていった。スゴイ!用もなく降りて行きたい(もちろん通報されます)。本日の結論として、避難はしごの使い方は簡単だということが分かったが、これを使えば簡単に、上の階からうちに降りてこられることも分かった。集合住宅のジレンマ。

ところで、反対側の部屋のベランダには避難はしごがないのだが、それは仕様だろうか。むしろ、そっちのベランダの方がメインなのだが。謎の深まる土曜の朝。


猫写真

外を眺める。

[PR]
by bou2cat | 2005-09-24 12:48 | 生活
財布の中身
昨晩、新聞の集金が来た。今にも倒れそうなおじいちゃん。今月は加入月なので、日割り計算で3000円台だったのだが、それでも手持ちがなかった。おじいちゃんは人なつこい笑顔をうかべ、また明日来ますといって去っていった。その後ろ姿が、なんとなくゆらゆらしているように見えたのは気のせいだろうか。じいちゃん、ごめんよ~。お大事に~(一応)。

自慢じゃないが、財布に2万円以上入っていることはまずない。一番多いのは、1万円ちょっと、いや、千円札が数枚というパターンか。数百円ということもある。この前、文房具屋で1000円くらいの買い物をしたのだが、レジで現金がないことに気づき、カード決裁をお願いしたら、「1回払いでよろしいですか」といわれ、「あたりめえだろ、ねえちゃん、なめとんのか!!」といいたかったが、恥ずかしさが先にたち、「ええもう1回でお願いします」と小声&早口でいっときました。トホホ。


猫写真

鳥の声に、おもわず振り返る。
びっくりして、口も開いちゃったらしい。

[PR]
by bou2cat | 2005-09-23 14:37 | 生活
テープ起こし原稿
ついに長袖。ぶぶも朝からくしゃみ。風邪というより、よくばって水を飲んだせいで、鼻に入ったと思われます。

今、ある会議のテープ起こし原稿を訳しているのだが、これが思った以上に面倒。「テープ起こし原稿」と聞いた時点で、いやな予感はしたのだが、的中してしまった。発言者の大半が非英語人なので、成立していない文章が散見される。一番困るのは、時制が間違っていることだ。過去のことを現在形で話す人が少なくない。話の途中でいきなり、時制が変わったりもする。オイオイ。それでも、参加者同士は分かるのだろう。共通の知識があるからだ。会議録の翻訳は、ぱっとみは口語で簡単そうに見えても、暗黙の了解の部分が多いという点で、独特の難しさがある。その「暗黙」の部分を知るために、いきおい、調べ物も多くなる。まあ仕事は選べないし、こういうものができてこそプロなんだろう。


猫写真

「隊長、そろそろ遊べますか」

あともうちょっと・・・

[PR]
by bou2cat | 2005-09-22 11:56 | 生活
爪切り
ぐっと涼しくなった。昨晩はぶぶの爪切り。抱きかかえて爪を切ろうとすると、逃げられてしまうが、くつろいでいるときはされるがまま。たとえば、↓のように。このポーズのまま、爪をぎゅっと出してチョッキン、チョッキン。この状態だと、後ろ足の爪もなんなく切ることができる。楽と言えば楽な猫。


猫写真

眠りに落ちる3秒前。

[PR]
by bou2cat | 2005-09-21 10:47 |