<   2006年 04月 ( 30 )   > この月の画像一覧
久しぶりに
週明け納品のものが意外に難しく、苦労している。とほほ。

昨日、某出版社から書籍が届いた。数年ぶりに、ビジネス書の翻訳をすることになった。これから忙しくなるだろう。いや、たいして変わらんかな。いずれにしても、数年前よりはまし。あの頃は週5日(最後は週3日だったが)働きながら、平日の夜と週末に翻訳の仕事をしていた。そんなパワーがどこにあったのだろう。今回も書籍の仕事とビジネス翻訳の仕事を平行して進める予定だが、通勤がないのでずいぶん楽だ。

<ミアミア三態>

猫写真

のしのし

猫写真

うりゃ

猫写真

ごそごそ

[PR]
by bou2cat | 2006-04-30 14:40 | 生活
似ている人
おとといは寒く、昨日は暖かかったが、今朝はまた寒い。一晩寝て、頭痛は治ったみたい。よかった。週明けに納品するものがあるので、今週末はまじめに働かないといけない。

昨日は大地の配達だった。今週の野菜セットはやまと芋、ローメインレタス、絹さや、長ねぎ(ガーン)、水菜、ほうれんそう、きゅうり。野菜料理の本を買ったので、なんとかなると思う。来週はやはりキャベツが来るようだ。

昨日、友人と話をしていたのだが、保釈されたホリエモンが妙にすっきりした顔をしている。私はヤフーのニュースしか見ていないが、「おっ」と思った。オンザエッヂ時代のようだ。なんて、その時代の彼を直接知っているわけではないが。オンザエッヂは好きじゃなかった。「ヂ」がどうしても気にいらない(それだけ)。まあどうでもいいんですが。私はそれより、マクニーリに代わって、SunのCEOになったシュワルツが誰かに似ていると、それが気になって仕方がない。IT業界には、少なくとも数年前までは、ああいう顔をしたポニーテールの男の子がたくさんいた。私は似ているペアを見つけるのがうまい。数年前は、 國領二郎慶大教授と鏡リュウジとハリー・ポッターのダニエル君が似ていることをいちはやく発見し、一部で喝采を得た。通じる相手が少ないことが残念だ。


猫写真

「今日も見張り番・・・」



猫写真

「たまには窓をふいてくださいね」

す、すいません・・・

[PR]
by bou2cat | 2006-04-29 09:42 | 生活
藤田展
今日は友人と藤田嗣治展に行ってきた。年と共に画風がどんどん変わっていくことに驚く。裸婦像はすばらしかった。あのような細く柔らかい線を、よくも一息に書けるものだと思う。あの乳白色はどういう配合で作られているのだろう。発表された直後は、それこそ輝くように美しかったにちがいない。戦争画も圧巻だった。ゆるぎない基礎があっての個性なんだなあ。

藤田は何度も結婚をしているようだ。年表パネルを見ていると、「○○と結婚」という記述がちょくちょく出てくるので、つい

「あ、また結婚してる!」

と小声で叫んだら、前にいたご婦人に苦笑された(汗)。最後は日本人の女性が伴侶だったらしい。「この人が最後のひとなのね」と友人がぽつりといった。「最後のひと」か。ドラマチックな響きだ。

その後、九段下でお茶をしてから帰宅。今日はフラワーエッセンスも効かず、頭が痛い。


猫写真

ミアミアみたいな猫の絵があったよ。

「どんなの?」

化け猫みたいなの。ゴ、ゴメン。

[PR]
by bou2cat | 2006-04-28 21:34 | 生活
カレンダー&ヨガマット
午前中、1本納品。次は怒濤のファイル50本連続編集。チャートなので訳す部分は少ないが、数に圧倒されそうだ。しかもサイズがでかすぎ、うちのA4プリンタじゃ印刷できない。よよよ。

昨日、神保町の帰りに新宿のハンズに寄り、カレンダーを買った。年の初めに仕事用の大きめカレンダーを買ったのだが、今ひとつしっくりこなかったので、今さらだが買い換えた。やっと落ち着きました。

買い物といえば、自彊術体操用に買ったヨガマットが今朝届いた。よく見かけるヨガマットはPVC製で廃棄上の問題が気になるので、もっとエコなやつがないかとネットをうろうろしていたら、天然ゴム&ジュート製のものを発見。ちと高かったが、色もいいし、これにした。私が買ったのは生成の4mm厚タイプ。あわよくば、しきっぱなしにしようと目論んでいる。

今晩から使ってみる予定。


猫写真

なんとなくエドワード・ホッパー。

[PR]
by bou2cat | 2006-04-27 12:30 | 生活
ちょいわる。
お世話になっている編集者さんに会いに神保町へ。といっても、打ち合わせではなく、ただのおしゃべり。

「最近、イタリアおやじ化している」という話は聞いていたのだが、それは嘘ではなかった。いつもカジュアルな彼(40代妻子持ち)が、スーツで待ち合わせの店にやってきた。ひえー。そして、おもむろに腕を組む。

bou2「なななななんですか、そのヤラシイ腕の組み方は~~~!?!?」
(手を開いた状態で、胸板を包み込むように、脇のすぐ下に差し込む)

編集者「この前テレビで小池栄子がイイ!と言っていた組み方です(キッパリ)」

なるほど。私もNIKITAを読んで、ホルモンを活性化しようかな。


猫写真

「オレは今のbou2もセクシーだと思う」

猫にいわれてもな。

っていうか、いってないし。

さびしい・・・

[PR]
by bou2cat | 2006-04-26 21:49 | 生活
ミアミアのごちそう
午前中、無事に納品。ああきつかった。その後、仮眠を取り、夕方に起きる。

昨晩、夜中にお茶をいれようと台所にいったら、キッチンマットの上ににんじんの皮と水菜の根本が落ちていた。はて、と思いながらシンクの三角コーナーを見たら、あるべきものがなかった。

それは、アジの頭。

・・・犯人は、おそらくミアミアだ。このアジ(干物)は骨もおいしくて、丸ごと食べられたと思うのだが、私は魚の目玉を食べられない腰抜けなので、頭の部分だけ残しておいた。皿を片づけているときから、ミアミアはアジの頭に興味津々だった。私が仕事部屋でうなっている間に、三角コーナーから取ったのだろう。その際に、にんじんと水菜を引っ掛けたものと思われる。さすが猫だ。と、感心している場合ではないかな。


猫写真

「昨日はごちそうだったなー」



猫写真

「ぜひまたやろう」

[PR]
by bou2cat | 2006-04-25 21:26 |
ぐったり
いよいよやばい。やばさと共に生活時間もずれていき、始業の頃に寝て、昼過ぎに起きた。気が進まないが、今日はカンテツか。図がこれまた面倒。テキストべた打ちもできないほど、細かい。虫眼鏡持ってこーい。

猫たちの写真もうまくとれない。遊んでやらないのでぶぶは不満顔だし、ミアミアの撮影はコツがいる。時間がないからといって、適当に撮ると、眼光鋭い不良猫になってしまう。ミアミアが積み木崩し。

よいニュースは、頼んだわけでもないのに某クライアントがレートを上げてくれたこと。ああおどろいた。発注量を増やしたいので、その見返りらしい。あらまあ、いい話。先日、レート交渉をした某翻訳会社も引き上げに同意してくれた。たまにはいいこともあるもんだ。


猫写真

「積み木くずしてないよ」

酒もタバコもやらないもんね。

[PR]
by bou2cat | 2006-04-24 16:18 | 生活
99%
火曜納品の仕事の進捗がはかばかしくない。大変まずい。あ~、どうしよう~。

水木しげるのマンガをたくさん入手したのに読む時間がない。でも、「のんのんばあとオレ」はよかった(結局読んだんかい)。ぼろぼろと涙の粒が落ちるほど泣いた。あー、チカレタ。その他はゴールデンウィークかな。

先ほど、荷物を出しにコンビニに行った。久しぶりのコンビニ。99%カカオというチョコレートがあった。残りの1%が気になる。そんなにカカオ度の高いものを食べたら無意味に興奮してしまいそうなので、期間限定のキットカット(マイルドビター味)を買って帰った。同じことか?

気が進まないが、がんばらなくちゃ・・・


猫写真

「じー」

そんなに見たら溶けちゃいますよ。

[PR]
by bou2cat | 2006-04-23 15:50 | 生活
茨木のり子
昨晩、あじの開きを食べながら日経の夕刊を読んでいたら、私好みの美女の写真が目に入った。「あら、すてき。どこの女優さんかしら」と思ったら、2月17日に亡くなった詩人の茨木のり子だった。茨木のり子は、こんなにきれいな人だったのか。意外だったが、この人の詩から受ける凛とした印象、強くて、やわらかく、初々しい感じが形をなしたようなお顔だと思い、うれしくなった。

茨木のり子は、「私が一番きれいだったとき」「自分の感受性くらい」といった詩が有名だ。私が持っているのは、「おんなのことば」という小さなアンソロジー。この中に、「みずうみ」という詩がある。

人間は誰でも心の底に
しいんと静かな湖を持つべきなのだ

田沢湖のように深く青い湖を
かくし持っているひとは
話すとわかる 二言 三言で

夕刊に載っていた顔写真は、彼女の中にある静かな湖を写し取っているような気がした。

このアンソロジーの中で、私が特に気に入っているのは一番最後に掲載されている「汲む」という詩だ。ある日、「素敵な女のひと」が、彼女にこう語りかける。

初々しさが大切なの
人に対しても世の中に対しても
人を人とも思わなくなったとき
堕落が始まるのね 堕ちてゆくのを
隠そうとしても 隠せなくなった人を何人も見ました

そして、彼女はこう悟る。
大人になってもどぎまぎしたっていいんだな
ぎこちない挨拶 醜く赤くなる
失語症 なめらかでないしぐさ
子供の悪態にさえ傷ついてしまう
頼りない生牡蠣のような感受性
それらを鍛える必要は少しもなかったのだな
年老いても咲きたての薔薇 柔らかく
外にむかってひらかれるのこそ難しい
あらゆる仕事
すべてのいい仕事の核には
震える弱いアンテナが隠されている きっと・・・・・・

じーんとしたところで申し訳ないが、ミアミアのすごい写真が撮れたのでご紹介。

猫写真

「ニャハハ!」

[PR]
by bou2cat | 2006-04-22 16:54 |
伊豆の地震
昨晩は2時まで仕事。その後、自彊術体操。手をぶんぶんふったり、腕立て伏せをしたりしていたら、グラグラグラ。地震だ。震度は大したことないが、揺れ方が本格的だったので、これは大きいヤツかもしれないと思っていたら、最大震度は4だった。震源は伊豆沖。

しかし、伊豆沖、やばくないですか? ほれ、こちらをご覧ください。ゴールデンウィークは海には行かんでおこう。なんちゃって。もともと出かける予定がないので、負け惜しみをいってみた。

今朝、大地の3回目の配達。就寝が3時だったにもかかわらず、7:30に起きて配達の人を待っていた。届いたらすぐに箱を開け、保存の準備。ぬらした新聞紙でくるんだりして、われながらとっても感心だ。

これまでのところ、野菜セットSはなんとか1週間で食べきっている。えへん。ちなみに、今週のセット内容はかぶ6個、葉付きニンジン5本、きゅうり2本、ほうれんそう1束、まいたけ1パック、水菜1束、そしてにら1束だった。比較的無難なラインアップ。今週もなんとかいけそうだ。問題はゴールデンウィーク。ついに春キャベツがやって来る気配。ひとたま、1人で食べきれるだろうか。しかも、キャベツは時期が来るとどんどん育つらしく、その次の週もキャベツがやって来る可能性がある。キャベツこわい。


猫写真

キーボードの前に座り込み、断固抗議中のぶぶ。

「なでるより、遊んでほしいの」

[PR]
by bou2cat | 2006-04-21 10:59 | 生活