<   2006年 05月 ( 29 )   > この月の画像一覧
はなちゃんと病院へ
いい陽気。

朝から実家へ。親にかわって、はなちゃんを病院につれていく(定期通院)。思っていた以上にはなちゃんは衰えていた。心配をさせないように、私にはあまり伝えていなかったのかもしれない。とてもやせてしまっているので、写真は撮れない。今は窓辺で寝ているところ。ふらふらしていて、足下もおぼつかない。

めやにがひどい。最初、目が見えなくなってしまったのかと思ったが、めやにでまぶたがくっついているだけだった(視力はあるようだ)。血圧が下がると、目がくぼんでしまい、隙間ができるので、めやにがでやすくなるらしい。いつもどおり、用意のいい私はハイポ(コロイダルシルバー)を持っていたので(笑)、それを点眼し、とりあえず目が開くようにしてから病院につれていった。めぐすりをもらった。食事をしないので薬がのめない。しばらく薬は中止し、点滴代わりの液体のみをスポイトで与えることになった。あとはジェル状の栄養剤で、少しでも栄養をとってもらう。腫瘍は大きくなっていない。腸も機能しているはず。なぜ状態が戻らないのかは誰にもわからない。

もはや薬にもサプリにも頼れないので、はなちゃん用にフラワーレメディのトリートメントボトルをつくってみた。すべての種類を持っているわけではないので、とりあえずレスキュー、ウォルナット、クラブアップル。病院に行く前にスポイトで4滴与えた。あとでもう一度、あげるつもり。「フォックス先生の猫マッサージ」にのっていた気功マッサージもやってみた。健康になる祝詞もあげてみた。ヒマラヤ水晶のネックレスもベッドの脇に置いてみた。われながら節操がないが、どうかどれかが効きますように。

仕事のデータはもってきたので、実家のパソコンで仕事。体操教室は休み、今日は夜までいようと思う。
[PR]
by bou2cat | 2006-05-31 15:17 |
競争
今朝は寝坊をしてしまった。燃えるゴミの日だったのに・・・。昨晩、あとちょっと、あとちょっとと3時過ぎまで仕事をしてしまったせいだ。そうなると、床に就くのは4時くらい。このごろは、その時間になるともう空がしらみはじめている。明るくなる前になんとか寝なければと、朝日と競争するように目を閉じた。

昨日はノルマ以上のことができた。今日もがんばろう。

と書いたところで、向こうの部屋から「うぐ。うぐ。」という声が聞こえた。どっちかが吐いたらしい・・・。今行くヨー。

猫写真

妖怪つちのこ猫。

ぶぶはときどき、猫に見えない。

[PR]
by bou2cat | 2006-05-30 14:06 | 生活
猫クイズ
風は強いが、過ごしやすい日。

5月も今日を入れてあと3日。今年は早いなー。今月中に本A、Bをとりあえず日本語にするつもり。できなくても誰にも文句はいわれないが、最後に苦しむのは私だからな。がんばろう。スケジュールに余裕がないので、ぜったいに病気をしないように気を付けよう・・・


<クイズ>

猫写真

この一枚の写真に、猫関係のものが4つ写っています。
さて、何でしょう。



<答え>

猫写真

猫ブラウザは分からなかっただろう!

昔、コメント欄で教えてもらったFirefoxの猫テーマ
Red Cats - Green Flavour)を愛用中。

[PR]
by bou2cat | 2006-05-29 13:19 |
サイキックキャット
昨晩、母からメールが来た。はなちゃんとの暮らしは「穏やかになった」らしい。ケージの外に出る時はおむつをつけている。いっとき下痢のせいでお尻が荒れていたが、塗り薬のおかげで快方に向かっているとか。食事量が少ないので、そもそも便があまり出ない。食べないのは残念だが、身体が腸を休めようとしているのかもしれないと書いたら、なるほど、そういうこともあるかもしれないという返信が来た。

私も下痢持ちなので、下痢と聞くと人ごととは思われない。下痢は本当に待ったなしだ。エネルギーも一緒に出ていってしまう感じがして、とても消耗する。最近、例のエッセンス本(「The Flowers of Life」)を読んでいるのだが、私がぴんと来るエッセンスはバッチの7つのグループでいうところの「Fear(恐れ)」と「oversensitivity(過敏性)」に集中していることが分かった。チャクラでいえば第三あたりに問題がある感じがするのだが、ここがブロックされた場合の典型的な症状のひとつが下痢。このあたりに解決の糸口があるのかな。だとしたら大腸内視鏡検査を二回もやったって、そりゃあ何も見つからないはずだ。

この本には動物にエッセンスを与える場合の説明も書かれている。そこに「サイキックキャット(Psychic cats)」という言葉が出てきた。やっぱり猫には見えてるのね~。

"室内のエネルギーを見ることのできる「サイキックキャット」には、保護の目的でウォールナットを与えるとよい場合がある。パニックに陥る猫にはチェリープラムが有効だろう。この種の猫たちは別次元に存在する天使や守護霊、または波動を見ていることが多い。"

"The Flowers of Life" by Shimara Kumara, Golden Ray Publications

猫写真

我が家の快便王子。

霊的能力は特になし。

[PR]
by bou2cat | 2006-05-28 14:31 |
接待猫
今日は雨のなか、年下のいとこが遊びに来てくれた。おいしいケーキを二個ずつ食べて、満足。たくさん遊んでもらって、ミアミアも満足。ぶぶもしばらくは一緒に遊んでいたが、ミアミアに「シャー!」をかましたあと、のしのしとベッドへ。いとこは猫の威嚇をはじめて間近で見たらしく、仰天していた・・・・。

おみやげに、さくらんぼといちごをいただいた。果物はめったに買わないから、ありがたいねえ。さあ、これからがんばって仕事。眠いのは気のせいだ。


猫写真

部長、今日もすばらしいご活躍でした。

「あさめしまえよ」

[PR]
by bou2cat | 2006-05-27 18:59 |
吉祥寺へ
昨日は本Aを集中してやった。午後半ばから野暮用で吉祥寺へ。ついでに南口の無印良品へ。ここの無印はでかい。1階から6階まで、全部無印のムジビルだ。文房具とトイレットペーパー入れ(こんなものが出ていた)を買う。

数時間で帰宅し、夜はまた本A。本日もこれ。低気圧による頭痛はまだ続いている。この種の頭痛はエッセンスではどうにもならないのかな~。

今日は大地の配達日だが、先週ぼんやりしていて注文を忘れてしまった。がっかり。最近、近所のスーパーに行くと、これまで目に入らなかった野菜が目に入る。私も成長しているらしい。


猫写真

てのひらを枕にするぶぶ蔵。
どこでも眠れていいねえ。

[PR]
by bou2cat | 2006-05-26 12:01 | 生活
甘いもの探し
昨日は大変な雨だった。数日前の通り雨もすごかったが、昨日はなんといっても雷付き。ぶぶはそれほど雷は気にならないようだが、ミアミアがそわそわ。しばらく走り回っていた。

おかげで気分転換用のアイスを買いに行くことができなかった。こういうときに限って、家の中に甘いものがない。どこかに何かないものかと考えていたら、ふとひらめいた。

それは禁断の「緊急持出袋のチョコレート」(はーと)。

下駄箱の中に入れてある持出袋を取り出し、板チョコを発見。うほほーい。久しぶりに食べる板チョコは、なぜかゴムのよう味がしたが、まあいいか。満足。

近いうちに補充用のチョコレートを買ってこなくては。今日、大地震が来ませんように。


猫写真

猫ほいほい1号でおやすみ中のミアミアを盗撮。

かわいすぎる・・・

[PR]
by bou2cat | 2006-05-25 10:23 | 生活
千切り
天気が悪いせいか、気分がロー。あとでアイスでも買ってくるか・・・。

キャベツも大根も食べ終わってしまった。つまらん。キャベツはちぎったり、ゆでたり、千切りにしたりしているうちに、あっという間になくなった。しかし、千切りというのははまるな。はっと気づくと膨大な量の千切りが出来ていた。ここはとんかつ屋かと思った。

キャットニップおもちゃをもらった。


猫写真

「ひゃあ、にんじん!」


猫写真

「なんと、きゅうり!」

[PR]
by bou2cat | 2006-05-24 14:21 | 生活
鉢の運命
昨日、インタビュー記事一本納品。手元にはなんだかいろいろなものがある。ふにゃ~。本A、Bの進捗はまあまあ。やや遅れ気味だが、問題になるほどではない。ここ数年で、仕事のスピードがだいぶ上がったように思う。元の文章がうまいので、訳していても楽だ。やはりプロは違う。へたな文章はリズムがなく、議論の展開に無理があるので、とても訳しにくい。

ちっこい鉢で買ってきたへろへろ草が大きくなったので、別の鉢に植え替えてやった。鉢が大きくなり、元の場所に戻せなくなったので、こっそり別の場所に置いておいたら、すかさずミアミアが発見。


猫写真

ばくばくばくばく。


猫写真

「あ、ばれた」


あっというまに小さくなってしまった。。。
[PR]
by bou2cat | 2006-05-23 10:47 |
狭いベッド
暖かくなってきたので、ミアミアも猫ホイホイ3号(猫用ヒーターをしこんであった)ではなく、私のベッドで寝るようになった。おかげで、ベッドが狭くて仕方がない。

いつまでもシングルベッドで寝るのはやめろとよくいわれるのだが、サイズが変わったらベッドパッドもシーツも買い換えなくてはいけないから、どうも踏み切れない。それに、ちょっといいのを買おうとするとベッドって高いのな。カタログを見て、驚いた。

それにしても、せっかく広い部屋に引っ越したのに、シングルベッドに人間と猫が集まっているのはいかがなものか。しかも、ぶぶとミアミアはくっついて寝ないから、余計に場所を取る。今朝は目が覚めたら、ぶぶとミアミアが平行に並んで、ベッドの真ん中で寝ていた。私は壁にはりつくように、ベッドの端っこで寝ていた。イメージはそう、五月の風にはためく鯉のぼりだ。私がさおで、猫たちが鯉。

でも、冬と違ってふとんの上に寝てくれるので助かる。冬はぶぶがふとんの中にもぐっているのに、ミアミアがそれと知らずにのしのし踏みつけて歩くので、ふとんの中から地鳴りのように、ぶぶの不機嫌なうなり声が聞こえてくることがたびたびあった。ぶぶの姿が見えていれば、ミアミアもさすがに踏みつけようとはしない。ああ、平和だ。


猫写真

仕事部屋の窓から新緑を眺めるぶぶ。

[PR]
by bou2cat | 2006-05-22 11:43 |