<   2006年 06月 ( 5 )   > この月の画像一覧
ちょっと休憩。
午後から父母と慈恵院の下見に行ってきた。なかなか立派なところ。人間も負けそうな豪華な墓がいくつかあった。盲導犬たちのお墓があり、手を合わせてきた。

今日は天気もよかったし、下見ができて何となく満足。慈恵院は無料で遺体を引き取りに来てくれるらしいので、お願いすることにした。遺灰も届けてくれるらしい(これは有料)。母は明日も休みを取っているそうなので、あとは母に任せることにして、私はそのまま帰宅。

母はしょんぼりしていたが、動転はしていなかった。「はなちゃんは本当に眠っているようだった」と言っていた。はなちゃんは人間にベタベタするタイプではないのだが、母が出発する前夜はふとんで寝ている母の顔に何度も顔をこすりつけ、母も驚くほどの大変な甘えぶりだったらしい。これが最後だと分かっていたのかもしれないね、と母は言っていた。動物ってすごいねえ。

さて、私は何だかとっても疲れている。母にも「アンタ、顔にぶつぶつがいっぱい・・・・」と指摘されてしまった。食欲もないし、食事を作るのも面倒で、お菓子でごまかしているからかな。仕事も大変なことになっている。そういうわけで、しばらくブログの更新をストップし、仕事に専念することにした。次の更新は7月か、8月になると思う。

ところで、妹2に「成分解析 on WEB」というサイトを教えてもらい、いまさらですがやってみた。私の組成は

45%は真空
38%は玉露
9%はミスリル
4%は理論
4%は言葉

だった。名字と名前の間にはスペースを入れないらしい。猫たちのもやってみた(うちの名字+呼び名)。結果は下記の通り。

猫写真

<はなちゃん>
75%は明太子
11%は野望
8%はお菓子
4%は言葉
2%は成功の鍵


猫写真

<ぶぶ>
66%は怨念
16%は気の迷い
9%はマイナスイオン
9%はお菓子


猫写真

<ミアミア>
51%は鉄の意志
42%は果物
6%は気の迷い
1%はマイナスイオン


んではまた。コメントにも返信しないと思いますが、ごめんなさいね~。パワーアップして帰ってきます。
[PR]
by bou2cat | 2006-06-05 18:05 |
祭壇作り
昨日は実家でケージを解体したり、いろいろなものを処分したりしてすごす。父がドイトで桐材を買ってきて、はなちゃんのひつぎを作ってくれた。丸まったポーズのまま入れるように、ほぼ正方形。しかも足つきとしゃれている。

はなちゃんが隠れるときによく使っていた椅子の上に板を渡し、きれいな色の布で目隠しをして、その上にひつぎを載せた。脇には近所のスーパーで買ってきた白と黄色のデイジーと、りんどうのような姿のピンクの花。小皿にはお水とごはん。

とってもいい感じ。何となく何でも記念にと思って、ついデジカメで全体写真を撮ってしまったのだが(もちろん、外側からよ)、そうしたらひつぎの上に淡いオレンジ色の、オーラのようなものが映った。

午後に帰宅。今日はふたたび昼から実家へ。妹たちもそれぞれ花を持ってやってきた。私はパソコンを立ち上げ、親が撮りためていたはなちゃんの写真の中からよさそうなものを選び、かわいらしい花の写真をちりばめて、パワーポイントで「はなちゃんメモリアルコラージュ」を作成。A4の紙にカラー印刷し、額縁に入れて、棺の上に置いた。妹1はグラフィックデザインの仕事をしているので、「先生、これはどうでしょうか」と尋ねたら、「(猫だけでなく、花の写真もちりばめるとは)なかなか理論的ですね」というコメントをいただきました。妹1に作ってもらってもよかったのだが、彼女はフォトショップとイラストレーターしか使えないらしい。

他にも数枚の写真を並べた。花も増えて、ますますかわいいはなちゃんの祭壇。菊ではないので、辛気くさくない。「私の葬式のときも、こういうのがいいなあ」と妹2と言い合う。妹2が「写真撮らないの」といったので、何気なくカメラのスイッチを入れようとしたら、入らなかった。何度やってもだめ。これは撮らないでということだな。神社などに行くと、ときどきカメラのスイッチが入らないことがある。たぶん、はなちゃんのたましいがまだ部屋にいるのだろう。そりゃそうだ。母に会わないといけないもんね。明日、帰ってくるよ(自宅に戻ったら、またカメラは使えるようになった)。

母には一晩、はなちゃんと過ごしてもらった方がいいだろうと思い、なきがらを斎場に持っていくのは火曜にした。そういうわけで、ひつぎが置いてあるリビングルームにはクーラーを入れ、ひつぎには保冷材を入れた。寒いです。。。

今日は実家に向かう道すがら、「ペットの死、その時あなたは」という本を読んだ。しばらく前に買っておいたのだが、これまでは怖くて読めなかった。みんなでシェアしようと思い、実家に置いてきた。

夕方に帰宅。これから仕事。


猫写真

ベランダのはなちゃん(2003年のお正月)。

窓越しに撮ったので、私の手が映ってます・・・

[PR]
by bou2cat | 2006-06-04 18:08 |
はなちゃん、がんばったで賞
はなちゃんは昨晩、20時45分頃に亡くなりました。私がうちの猫たちにごはんをやろうと、一度帰宅している途中でした。父が看取ってくれました。それほど苦んだりはしなかったようです。私が出たあとしらばらくして、部屋の中が少し暑くなったので、父が窓でもあけようかなあと、ソファで寝ていたはなちゃんを見ていたら、小さくけいれんをして、何かむにゃむにゃ言ったあと、呼吸が止まったそうです。でも、そのときはまだ本当に亡くなったのかよく分からず、うーむと考えていたら、15分後に「ふーっ」と大きく息をはくような音が聞こえて、だーっと尿というか、体液のようなものが出てきたそうです。そういえば、そういう話を私もほかの人の猫サイトで読んだことがある。昨日は朝からずっと尿が出ていましたが、あれは尿じゃなくて体液だったのかも。

妹たちには、今晩中に来た方がいいと昼間にメールをしておいたのですが、仕事の関係で妹2はこれませんでした。妹1も1時間、間に合いませんでした。ぶぶとミアミアにごはんをあげてから、私がとんぼ帰りで実家に戻ると、妹1が「間に合わなかったよう」と泣いていました。でも、父がはなちゃんをかわいいポーズでソファに寝かせておいてくれたので、あまりショックは受けなかったようです。

父はなかなか気の利く人で、はなちゃんが亡くなったあと、シャワーを浴びせ、きれいにしてから、ドライヤーでかわかしてソファに寝かせ、まわりにクッションや羊のあごのせ枕を置き、背中をまるめて寝ているようなポーズにして、身体にタオルをかけておいてくれました。私も見ましたが、普通に寝ているようだったねえ。今もそのポーズですが、本当に寝ているようです。

できることはやったという気持ちがみんなにあるので、その後は悲しいながらも、予想外に明るい雰囲気で、はなちゃんのなきがらが置いてあるソファの前でお茶を飲みながら、はなちゃんの思い出話をしました。「はなちゃんは死んでもかわいいねえ」「顔だちが整っているんだよ」「品がある」などと、親ばかはとどまるところをしりません。

母が間に合わなかったのは残念ですが、昨日はもうがんばらなくてもいいよという感じでした。今は悲しいというより、感謝の気持ちでいっぱいです。亡くなる前日が一番つらかったな。母も、自分がいない間に亡くなることもあるかもしれないと、覚悟して出たと思います。最初は大変でしょうが、なんとかなるでしょう。月曜早朝に母がいなくなった直後から、一気に悪くなった感じです。はなちゃんはそれまでがんばっていたのかな、それがはなちゃんの情けかなとも思います。父と母もしばらくは看護ができたし、私も3日間だけですが、少しは努力ができた。妹たちも、一週間前に一度会っていたそうです。やることはやってあげられたという気持ちを、はなちゃんはみんなに持たせてくれたのかなと思います。はなちゃんにはお世話になりっぱなしです。

母は月曜に帰ってくるので、お葬式は月曜まで待つつもりです。今朝、動物病院にご報告と御礼の電話をしたのですが、そのときに府中にある慈恵院というペット霊園を紹介していただきました。ここにお願いするつもりです。この話はまた今度書きますね。

みなさん、どうもありがとうございました。はなちゃんはとっても幸せだったと思う。われわれはもらいっぱなしだったなー。はなちゃんは生まれてから亡くなるまで、いいことしかしていないので、もう生まれ変わってくる必要もないかもしれませんが、まあそういわず、また今度生まれ変わっても一緒に暮らせるように、「はなのみたま」にお願いしたいと思います。はなちゃん、ありがとう。
[PR]
by bou2cat | 2006-06-03 10:55 |
はなちゃん
はなちゃんはがんばっています。今はソファのいい感じのカーブのところで身体をやすめています。自力ではもうソファにあがれないので、かかえてのせてやりました。

今週に入ってから、体重がさらに早いペースで減っており、今日あたりはもう2kgを切っているかもしれません。とめられない歯車を見ているようです。ふらふらですが、トイレをしたいときは一応立ってみるけなげなはなちゃんです。量も出ないし、かわいそうなので、もうおしめはしていません。ケージにもいれていません。

先程、血尿が出ました。
動物病院に電話をしました(昨日は休みだった)。動かすたびに弱ってしまう感じなので、もう病院には連れて行けません。先生も、積極的に何かをするなら病院で点滴も考えられるが、それはかわいそうなので家にいた方がいいということでした。私もそう思う。

何かできることはないですかと聞いたら、砂糖水を作ってあげてくださいといわれたので、さっきスポイトで与えました。そうしたら、ちょっと顔を起こした。おいしかったかな。ちょこちょこ与えてみます。スポイトでも飲まなくなったら、コットンのようなものにひたしてくわえさせてくださいといわれました。先生と話して、流動食はやめ、砂糖水でしのいでもらいます。

今、母がいません。月曜に戻ってきます。それまで、どうしてもがんばってほしい。妹たちには週末にくるよう電話をしました。

17:15
はなちゃんは引き続きがんばっています。今もソファの上。飲ませても飲ませても尿として出てきてしまいます。もうスルーですね。通過中に、食道や胃の壁から少しは吸収されていると願いたいですが、飲ませている以上の尿が出ている感じです。実は水曜日に病院に行ったときも、かなり尿がたまっていて、絞りだしてもらったのです。膀胱が働かなくなっているのかもしれません。今はもう立つこともできませんが、尿をするときは一応、「んー」という顔をこちらに見せて、教えてくれるかわいいはなちゃんです。午後ははなちゃんと思い出話をしました。妹1にもらわれてきたときのこと、交通事故にあったときのこと、花小金井公園に散歩につれていったのに(今はもうしませんよ!)かごに張り付いて出てこなかったこと、三姉妹にいじくりまわされたこと、母と仲良しだったことなどなど。私は昨日の帰りの電車でも、家でも、今朝の電車でも泣き通しでした。はなちゃんの前では泣かないぞと決意して、昼頃に実家に来たものの、目の前で血尿をされてしまい、やっぱり泣きながら病院に電話しました(先生、ごめん)。でも、夕方くらいから少し落ち着いてきた。はなちゃんと一緒に、レスキュー(エマージェンシー)エッセンスを飲んでるからかな。先ほど、父から電話がありました。昨晩は両親の寝室の隅、人が来たときにいつもはなちゃんが隠れるところに入ってしまって、大変だったそうです。はなちゃんも、そのときが近づいていることを悟っているのかもしれません。でも、もうちょっとがんばって!
[PR]
by bou2cat | 2006-06-02 13:10 |
ふたたび実家へ
昨晩9時頃に帰宅したら、ベッドの上でぶぶのうんちが出迎えてくれた。ガーン。うんちだけでなく、ぶぶとミアミアも出迎えてくれた。ふたりが超~ピカピカに見えた。あんたたちは健康だ。昨晩もうーうーともめていたが、多少仲が悪くてももういいです。ぶぶにうなられて、ミアミアの耳がシャチホコみたいになってもたいしたことはない。アメリカンカールみたいでかわいいよ。

今朝は早朝に出て、8時頃に実家に到着。昨晩、シリンジで給餌できる高栄養の流動食をネットで注文した(先生からは、もう食べられるものなら何をあげてもいいといわれている)。それが届くまではカリカリで代用してみる。ピルクラッシャーでつぶしたカリカリにハイポやら水やらフラワーエッセンスやらをいれて、どろどろにしたやつをシリンジに入れ、口のわきから注入してみたが、失敗。ちょっとしか入れられなかっただけでなく、かなりこぼれてしまった。徐々にやったつもりなんだがなあ。そもそも、正しい場所に入れられていないのかも。でも、迷惑そうな顔でぺろぺろしていたから、やらないよりはよかったと思いたい・・・。まだコツがつかめない。あとでもう一回やってみる。カリカリじゃなくて、そもそもウェットを入れた方がいいのかな。少しでもカロリーが高い方を、、、、と思ったのだが。

ただいま、はなちゃんはおやすみ中。

15:00
流動食の缶詰を買ってきて、シリンジで与える。やっぱり、これくらい液体っぽくないとだめなんだ。今朝方は失礼しました。1mlがやっとだが、入ったと思う。「なんでこの人はこんなひどいことするんでしょうねー、ひどいですねー、でも元気になるよー」といいながら与える。私が下手なもので、口の周りが汚れてしまってかわいそう。でも、ジェルを鼻の頭や歯につけただけでは、もうなめることすらしないのだ。時間をおいて、もう少し与えてみる。最低でも、シリンジ一本分(6ml)は入れたいのだが・・・。目薬も差す。やぎミルクも買ってきたぞ~。

17:10
追加で1ml。

20:00
追加で1ml。
[PR]
by bou2cat | 2006-06-01 09:19 |