<   2006年 09月 ( 28 )   > この月の画像一覧
たのしいコピー
ビデオインタビュー1本納品。午後はまたインタビュー原稿。最近、インタビューばかりだな・・・。昨日、別件の打診があったが時間が合わずにお断りした。夕方の電話で、翌朝納品っていうのは厳しいですよ・・・。

先日、調べもので「実践広告戦略」(産能大学出版部)という本を読んでいた時、おもしろい記述を見つけた。著者の八巻俊雄氏によると、戦前に市山盛雄という方が広告の教則本を出版したらしいのだが、そこには広告コピーの作法として次の5つが示されていた。

  • 第一に主眼をはっきりさせねばならぬ
  • 第二に平明でなければならぬ
  • 第三に明朗でなければならぬ
  • 第四に品位を保たねばならぬ
  • 第五に美感を与えるものでなければならぬ

この5つの条件を満たしたコピーとして、例示されていたもののひとつが『世間雑誌』の広告コピーだ。これがオモチロイ。

この広告を見付けたのが幸いの始めです。
胸に手を当てて考えて下さい。
なぜ家の中に風波が絶えぬのだろう。
なぜこう失敗ばかり続くのだろう。
こんなにやってもなぜ繁昌しないのだろう。
なぜ自分は失業に泣かねばならぬのだろう。
なぜ金がたまらないのだろう。
なぜ人から嫌われうとまれるだろう。
なぜ世の中が面白くないのだろう。
こう思われたら『世間雑誌』をご覧!
仕事が面白くなる世の中が楽しくなる。
何も彼も愉快、どちらを向いても感謝、本書を読む前と後とでは世間の見方がガラリと変る。

『世間雑誌』、読みてー!


猫写真

「どきどき」

先日、ミアミアが扇風機の箱に入った時の写真。
おもしろいので、いまさらながらアップ。

[PR]
by bou2cat | 2006-09-29 12:26 | 生活
ぶぶ少年
本Bの訳者あとがき納品。これからインタビュー原稿の仕上げ。今回はテープ起こし状態の原稿が来たのだが、口語って分かりにくいんだよなあ。ネット上でインタビューの映像も見たが、回線状態が悪いらしく、ガンガン途切れる。ブロードバンドなのにどういうことだ。

金曜に来るはずだった原稿は、やはり先方が送り忘れていたらしい。出先からPHSで確認のメールを入れておいたのだが、PHSメールはスパムフィルターにかかってゴミ箱に直行していた模様。トホホ。IMにもメッセージを残しておいたのだが、これも見落とされたらしい。トホホ2。結論としては、電話が確実で早いということだ。しかし、メールが普及した今となってはかえって電話をかけにくい。便利なようで不便。

最近、いい写真が撮れないので、ぶぶの少年時代の写真を再掲してごまかす。生後6-8カ月かな? 今みると細すぎて、あんまりかわいくないかも・・・。


猫写真

耳がでかすぎやしないだろうか。


猫写真

この顔はいまでもするな♪


猫写真

ご開帳。


子猫と言えば、ミアミアの実家で三毛猫メイミーの里親募集が始まったらしい。カレンダー。じゃなくて、可憐だ・・・。
[PR]
by bou2cat | 2006-09-28 15:43 |
英語の勉強法
昨晩、無事に初校を返却したと思ったら、夜にひどい夢を見た。宅配便の集荷に間に合わず、走って出版社にゲラを持っていく夢。夢だけど疲れた・・・

こんな夢を見るのは、過去に同じようなことを何度もやっているからだ。大学時代、翻訳の通信教育を並行して受けていたのだが(地味なダブルスクール)、なかなか課題をしあげることができず、いつも返却期限ぎりぎりに投函していた。高校時代は翻訳コンクールなんぞにも応募していたのだが、これまた課題がぎりぎりまでしあがらず、夜中に郵便局の本局まで持っていったりした。いつもぎりぎりの私・・・。

ところで、上からも分かる通り、私は今の仕事を志したのが大変早い。中学ではじめて英語を習った時、先生にノートの左側のページに教科書の英文を写し、右側のページに日本語訳を書いていくように指導された。この作業、つまり翻訳がおもしろくってねえ。勉強とは思えなかった。私は本好きだったので、翻訳というものがあることは知っていた。そこで、こういう仕事がしたいと思ったわけだ(こんなに食えない仕事とは思わなかった笑)。他の授業では予習などしなかったが、英語だけは学習ノートを作り続け、それは高校を卒業するまで続いた。試験前は教科書の英語とノートの日本語を何度も何度も声に出して読んだ。俳優になったつもりで、感情を込めて読むのがポイント。これでテストはほぼ常に満点だった。穴埋めなんて楽勝。だって、覚えているから。この6年間のノート作りで英語力の基礎ができた。

ときどきどうやったら英語ができるようになるのかと聞かれるが、基本的には書き写すことと、声に出して読むことだと思う。学生だったら教科書の英語でいいし、社会人だったら何か薄い本(なるべく朗読テープも※)を買ってきて、ノートに書き写す。朗読テープがある場合は、それを聞きながらまねっこして読む。覚えるくらい、何度も何度もだ。黙読ではなく、必ず声に出すこと。問題集等は必要ない。それを1年ほど続ければ、かなり英語が上達すると思う。言語は基本的にリズムだから、そうやって身体で覚えるのが早い。こういう言い方が正しいかどうかは分からないが、リズムを文章で説明しようとしたものが「文法」だと思う。文法は整理して理解するためにはいいが、まず文法から入ろうとすると混乱する。それは、見たことのないものを言葉で説明されるようなものだ。まず実物を見て、その後、それがどういう仕組みになっているのかを言葉で説明してもらった方が効率的に理解できる。なにより、その方がたのしい。リズムを覚えると、次にどんな単語が出てくるのかを予測できるようになり、それが余裕につながって、意味を考えることができるようになる。と、いうのが私の実感。

ちなみに、仕事で英語を使うのですぐに英語ができるようになりたいという場合、重要なのは勉強方法より、恥を捨てることです。。。

※米国は車社会のためか、オーディオテープ文化が発達していて、メジャーな本は書籍だけでなく、オーディオテープでも販売されているから、そういうのをアマゾンで買って利用するといいかも。ヒアリングマラソン等の教材を買ってもいいけど、高いからな~。


猫写真

「ペロペロ」

今日もキレイですね♪

[PR]
by bou2cat | 2006-09-27 15:12 | 生活
ミスター田口を探して
やっとこさ初校を返す。佐川の袋でクロネコヤマト。ごめん。

腹八どんのご母堂がわたしをKAT-TUNの田口という人に似ているとおっしゃっているらしい。誰だか分からないので検索してみた。彼の若い頃(今も若いけど)と10代の頃の私は似ているかも。今はまあ「ごにょごにょごにょ」ですが。

腹八どんと言えば、新たな参拝ツアー計画が進んでいる。目指すは近江国。今回は仏像派の腹八義姉サマもジョイン。ああ、楽しみ。


猫写真

雨の日はますます眠い。

[PR]
by bou2cat | 2006-09-26 17:32 | 生活
記憶の彼方から
午前中、1本納品。午後、インタビュー翻訳の仕込み。これから初校の清書。

金曜に届くはずの急ぎのインタビュー原稿がまだ届かない。2回もリマインドしたのにレスなし。かなしい。もう明日は納品できませんからねっ。と、こんなところでつぶやいてもどうしようもないのだが。

6年ほど前に訳した書籍に対して読者からおほめのコメントが来たらしく、担当の編集の方が送ってくれた。正直なところ、もう思い出さないように記憶の砂浜に深くふかーくうずめていたものだが、今ごろ見てくれている人がいるのはありがたいことだ。先日、立川の本屋に行った時は、これまた何年も前にやった映画の対訳本が並んでいたので、なつかしくなって読みふけってしまった。しかし、まだ店頭に並んでいるということは地味に売れ続けているのだろうか。それなのに、一向に増刷の声がかからないのはどういうわけだろうか。と思ったが、もしかしてあれは買い切りだったかも。


猫写真

お散歩ミアミア。

[PR]
by bou2cat | 2006-09-25 16:16 | 生活
亀戸天神社&香取神社
土曜は腹八どんと久しぶりの参拝ツアー。いろいろ書きたいが、仕事が忙しいのでざっくり。錦糸町で待ち合わせてから、まずは亀戸天神社。ご祭神は天満大神(菅原道眞)と天菩日命(菅原家の祖神)。

亀だらけの神社だった。藤棚がたくさん。神社というより、植物園のような開放的でフレンドリーな雰囲気。建築規制をしているのか、社殿の背景に何もビルが見えないところがよい。ここでは開運グッズの「鷽鈴」を購入(笑)。鷽(うそ)というのは「幸運を招く鳥」なんだって。「今までのあしきも"うそ"となり、吉に"とり"かえん」ということだそうです。ありがたい。


鷽鈴の写真

ペンギンに見える、うそ鳥さま。


その後、近くの船橋屋でくず餅(おいしいけど量が多い)を食べてから、同じく亀戸の香取神社へ。ご祭神は経津主神(ふつぬしのかみ)。武将の神さま。これが転じて、今はスポーツの神さまとして知られている。最近、熱心にジムに通っている腹八どんとしては、ひとことご挨拶ということらしい。スポーツに縁のない私は霊験アラタカという境内の「水かけ大黒・恵比寿さま」に入念に水をかけてまいりました。もうかりますように・・・

亀戸天神社とは境内の雰囲気も違う(どっちもいい)。亀戸天神社がファミリーに似合うとすれば、ここはスポーツ刈りの運動選手がぴったり。人もまばら。社務所に行くと、おじさんが出てきてお守りの説明をしてくれた。「勝守」というお守りがあり、勝負事に非常にヨイとか。オリンピックの柔道選手が買いに来たとか、野球選手の誰それがどうしたとか、いろいろ聞いたのだが固有名詞を全部忘れてしまった・・・。私は「自分の弱い心に勝つ!」ためにひとつ購入してまいりました。ただいま、パソコンのモニターからぶらさげております。気合いだー。

その後、錦糸町駅近くの妙に立派なショッピングセンターで買い物をしてから、阿佐ヶ谷のロック居酒屋へ。日付がかわる前に帰宅。3カ月分くらい歩いて疲れた。


猫写真

「帰りが遅いよー。もらすぞ。」

えええ

[PR]
by bou2cat | 2006-09-24 19:32 | 生活
黄色い湖
昨晩は早めに寝て、今朝は4時半に起きて仕事。9時頃、ぶぶが机に飛び乗ってスリスリしてきたので、私もお返しにスリスリしたら、なんだかしっこくさい・・・。猫トイレでトイレをしたら、こんなにくさくないはずだ。しかし、そこらへんでしっこをすると、足にしっこがついてしまうのでこのようなにおいになる。さては・・・と思って寝室に行ってみたら、

キャー!!!! ベッドの上に黄色いみずうみがーー!!
(「おしっ湖」なんちゃって)

すかさずペットシーツで吸収。ぶぶの粗相対策で、ベッドの上には寝ござやメッシュパネルを置いてあるのだが、カバーしきれていない壁側でおしっこしたらしい・・・。狭いのになあ。どうしてそんなところでがんばるのか。がんばる場所が違うダロ。猫トイレにうんちがあったから、いやだったのだろうか。でも、隣の新聞紙トイレは未使用だったのに・・・。

今回は発見が早かったため、被害はベッドシーツまで。ベッド本体は無事だった。ヨカッタ。しかも、今回はこんな新兵器を買っておいたのだ。


スプレー写真

猫専用消臭スプレー


「猫の尿のニオイをトコトン研究して、開発された猫専用品!」とウェブページには書いてある。これは期待できそうだ。しっこをできる限りふきとった後、たっぷりふきかけて自然乾燥。成分は無害で、ペットがなめても大丈夫と書いてあるが、本当かな~。すごく甘いにおい。さきほどかいでみたところ、本当ににおいが消えている。感動。しかし、甘いにおいにごまかされているだけかも。消費者は疑い深いのだ。明日、もう一度確認してみよう。


猫写真

「どっちもくさいね」

そうともいうな。

[PR]
by bou2cat | 2006-09-22 17:30 |
誤算
夜中の1時、訳文がほぼ仕上がり、さあ寝るかと思った時、先方から送られてきた原稿が2種類あったことに気づく。ファイル形式が違うだけで、同じ内容だと思っていたら(前回はそうだった)、なんと私がやった方はサマリーだった。納品すべき原稿は2.5倍の長さ・・・。久しぶりに本気で焦った。徹夜でやり、先ほど納品。もう寝たいが、明日納品の特急仕事が入ってしまったので、また仕事(でも仕事があるのはうれしい)。ある程度まで片づけたら早めに寝て、明日早く起きてやろうっと・・・。

これ以外にも連絡漏れ、チェック漏れ、勘違いなど、凡ミスが続く。失言もいくつか。なんですかね、これは。


猫写真

「呪われてるね」

まじっすか。

[PR]
by bou2cat | 2006-09-21 16:59 | 生活
夏の後始末
晴天。風が気持ちいい。気分もはれやか。
昨晩と今朝で本Bの初校は一通りチェック。あとは清書。今日はインタビューを仕上げる。

もう夏も終わり。昨晩のうちに洗っておいた扇風機を今朝、箱に入れて片づけた。この扇風機(最近はリビング扇というらしい)、頭と台座を分解でき、とても薄く収納できるところが気に入っているのだが、パーツが多すぎて、3シーズン目だというのに説明書を見ないと分解も組み立てもできない・・・

ぶぶとミアミアも(猫なりに)手伝ってくれた。

猫写真

ミアミアを収納。


猫写真

ぶぶを収納。

[PR]
by bou2cat | 2006-09-20 11:38 | 生活
猫劇場-秋
午前中1本、昼に1本納品。その後、猛スピードで掃除機をかけ、洗濯をしてから、しぶしぶと風呂に入る。身体のどこかにボタンがあって、そこを押すだけできれいになればいいのになあ。これから木曜納品のものの続き。本Bの初校をいつ読もう。気ばかり焦る。


久しぶりの猫劇場
-「男心と秋の空」-

猫写真

ミアミア「ぶぶ蔵さん、なめてあげるね♪」
ぶぶ「うむ・・・」



猫写真

ぶぶ「もういいの!」
ミアミア「ひ~」


さりげなく、同じベッドに入っている。bou2、感涙。

[PR]
by bou2cat | 2006-09-19 15:24 |