<   2006年 11月 ( 24 )   > この月の画像一覧
冬の風呂
昨日1本納品、今日1本納品。今晩からやっと、12月半ば納品の大量原稿に取り組む。手強い内容じゃありませんように。。。

1月いっぱいは忙しそう。ま、ここ1月ほどヒマだったからいいか。しかし、12月はさすがにいろいろ外出の予定があるので、ちと心配。

今日は銀行に行きそびれた。明日はまず銀行だ。ということは、今晩は一応、風呂に入るべきだろうか。脱衣所(=洗面所)が寒いから、ますます風呂嫌いになっている。いつか風呂場ヒーターが欲しい。こういうやつ。タオルもよく乾くだろうな~♪


猫写真

迷惑ですか?

「ムスッ」

(見れば分かる)

[PR]
by bou2cat | 2006-11-30 16:56 | 生活
忘れがたい人たち
コメントをしたことはないが、いつもこっそり覗いていたブログの書き手さんが亡くなった。確かにしばらく体調は悪そうで、先日入院したと書いてあったが、それほど深刻な病気だとは思わなかった。今月初めには普通に日記を書き、コメントを返していたのに。まだ40代ではないだろうか。10代のお子さんがいたはずだ。

読んでいたブログ(というか日記)の書き手が亡くなるのはこれで3人目。1人目は90年代半ば、精神的な病と闘っている若い女性だった。心の繊細さをあらわすように、彼女の日記はすばらしく詩的で、哲学的で、そんじょそこらの作家など、足元にも及ばないものだったが、感動すると同時に、彼女にこれほどの文章を書かせている苦悩を思うと、胸がしめつけられるようだった。しばらく書き込みがないなーと思っていたら、一、二カ月ほどたった頃、父親からのメッセージが投稿されていた。自殺だった。遺品を整理していて、娘が日記を書いていたことを知ったらしい。娘を救えなかったことへの悔恨と、日記の読み手や掲示板メンバーへの御礼のメッセージだった。彼もまた、長い間苦しんできたんだろうと思わせるような、深い疲れが行間ににじんでいた。

2人目は90年代末。30代の主婦の女性だった。子どもはなく、どこかの町のマンションで夫と2人暮らし。手先の器用な人で、手作りのお菓子や雑貨、鉢植えの写真をセンス良くちりばめた、とてもおしゃれなホームページだった。とても幸せそうな人だった。それがちょっと体調が悪いといって入院したら、2週間後には亡くなってしまった。今度は旦那さんから、報告のメッセージが入っていた。理由はよく分からないが、病気だったようだ。

会ったことはないが、忘れがたい人たち。生がとつぜん中断される感じが、日記だとリアルに伝わってくるからかもしれない。リアルタイムに読んだわけではないが、バイクの事故で亡くなった青年のホームページもあったな。こういう墓標のようなブログが、これからは増えていくのかもしれない。

こういう死に出会うたびに、ほとんど登校することなく、小学校の低学年で病気で亡くなった近所のAちゃん、川で足をすべらせて死んでしまった中学校のB君、高校を卒業してからしばらくして、心臓発作で亡くなった同じクラスの美人のCちゃん、客地で命を落としたDさんのことを思い出す。

ときどき、私と同じ生年月日に生まれた人たちが、いま何人残っているのかなと思うことがある。100人いたとしたら、90人くらいかしら。途上国を入れたら、50人くらいかもしれない。一つ年を重ねるごとに、「同期」は減っていく。それはどんなに若い年齢でも同じことだ。一日、一日、多くの人が到達しなかった年になっていく。そう思うと、生きているだけで奇跡だなあ。

昨日の講座では「落胆と絶望」に対応するエッセンスを勉強した。このカテゴリに属するエッセンスは全部で8本あるが、5本も選ばれてしまった(泣)。落胆しまくりの、絶望しまくりらしい。orz

まあ当たり前なのだが、「今ここ」しかないわけで、未来を恐れることも、過去にとらわれることも、そろそろ卒業したいと思う今日この頃です。


猫写真

唐突ですが、かわいい2ショットが撮れたので。。。

[PR]
by bou2cat | 2006-11-29 16:04 | こころ
猫カレンダー、いろいろ。
仕事中、腕を組んで考え事をしていたら眠くなってしまい、そのままのポーズでうとうとしていたら、急に腕が重くなった。何事かと思って目を開けると、組んだ腕の上でミアミアがまったりしている。身体が小さいと、いろんなところでくつろげていいですね。

いつものフードを買いそびれたので、近所のペットショップに行き、いくつか調達。店内では来年の犬猫カレンダーが売られていた。主に舶来品。ぱらぱらと見ていたら、「タキシード猫カレンダー」を発見。日本でも犬種別のカレンダーはよく見るが、猫はひとくくりにされる傾向がある。でも、海の向こうでは猫種別はもちろん、毛色別のカレンダーも用意されているようだ。

黒猫赤毛(茶とら)猫三毛猫とら猫/しま猫はともかく、「陰陽猫」って何だろう? 顔がすごいことになってます。


猫写真

うちのタキシード猫。

いっちょうらです。

[PR]
by bou2cat | 2006-11-27 18:33 |
美声
最近、ミアミアがなぜかぶぶのトイレを使う。どういう心境の変化だろうか。別々のトイレを使ってくれた方が、飼い主としては回数が把握できて便利なのだが・・・。

昨日も今日もインタビュー原稿。今回のインタビューのゲストは大変声がよい。話し方も落ち着いていて、大人の男という感じだ。テープを起こした人もやりやすかったに違いない。こころなしか、インタビュアーもへこへこしている。実業界の大物なのだろうか。こんな人と電話で話してみたい。無駄にロマンチックだろうな~。

前にも書いたかもしれないが、実家に住んでいた頃、妹の学校の連絡網か何かで、すばらしく美しい声のお母さんから電話がかかってきたことがある。「いい声の人だな~」と思いながら母にひきついだら、後でメーテルやお蝶夫人の声を担当している有名な声優さんだと聞いた。声がいいって、すばらしい。

さて、怒りはだんだんおさまってきた。講座開始以来、1カ月ほど37度が続いていたが、前回の講座以降、熱が下がってきた。私の平熱は36度弱のはずだが、今は36度前半。観念したのかな。心と身体は、やはりつながっているのかも。


猫写真

「トイレを侵犯されました」

お、怒ってる・・・?

[PR]
by bou2cat | 2006-11-26 17:05 | 生活
同類
午前中、翻訳会社から仕事の資料がどっさり届く。昼は吉祥寺で西荻時代の友人とランチ。またまたソイビーンファームへ。夕方にお別れし、立川に寄ってから帰宅。電車の中で、ひさしぶりに赤ちゃん言葉で話す男に遭遇。じっと見てしまった。デートのじゃまだったかしら。ごめんよ。

四国に住んでいた頃、大阪の天保山ハーバービレッジのカフェで、就学前児童とそのパパと思われる2人連れと同席したことがある。このパパの赤ちゃん言葉はすごかった。子どもに向かって、

「ひろしクン、オレンジも食べまちょうねえ!! おいちいでちゅか? ん~、そうでちゅか~♪」

ってな具合だ。しかも、早口で声が大きい。親がそんな言葉を使っていたら、まともな日本語を覚えられないではないかと「ひろし君」の未来を憂えたほどである。私の両眼からは冷たいビームが放たれていたに違いない。その10年後、まさか自分が猫を抱きながら、

「ぶぶちん、おんも見まちゅかー? お外きれいですね~、でも、ぶぶの方がもっとかわいいでしゅよ~」

などと言っているとは思いもよらず。orz

夜はちょっと仕事。毎日、少しでも進めないと落ち着かないセコイ性格。

四国旅行のレポートはしばらく書けそうもないので写真だけアップ
[PR]
by bou2cat | 2006-11-25 22:18 | 生活
うどん
ひさしぶりにまとまった量を受注。翻訳会社経由だからレートは安いが、量があるのでそれなりの額になる。らんらん。一部は来年の納品。年末は企業の側で「年内にかたづけたい」というナゾの心理が働くらしく、翻訳会社からの電話が増える。しかし、今回の仕事が大量だから、年内はもうクライアント直のやつしか受けられないな~♪

なかなか四国旅行のレポートが書けないので、写真を小出しに。

今回はこんぴらで思いの外時間を取られたので、うどん屋は一軒しか行けなかった。行ったのは谷川米穀店。開店の40分ほど前に着いたのだが、川の横に立つ小屋の前にはすでに長蛇の列。その先で待っていたのは、


うどん写真

うどん(大) 210円

かきまぜてから撮れば良かった!!


やわらかくて、よく伸びる(?)、親しみやすいうどん。後ろに並んでいたうどんマニアと思われる男性が「谷川の麺は光ってるんだよ! 最強だよ!」と連れに力説していた。私はだしうどんより、ここのように直接しょうゆをかけて食べるタイプが好き。10年前、徳島に住んでいた頃は会社近くのセルフうどん店に世話になった。東京育ちの私にはセルフのシステムも、安さとうまさも衝撃だった。普通のチェーン店だったけど、うまかったな~。

さて、谷川では大をひとつ注文。生卵が苦手なので、まずは醤油と青唐辛子で食べ、残り3分の1から酢を投入。マダムとgas-yaさん(←今回の旅の道連れ)はまず卵&醤油で食べ、お代わりを醤油&酢で食べていた。

谷川米穀店のすぐ近くに神社があった(←めざとい)。鳥居はくぐらず、外から眺めた。いい感じに枯れた雰囲気。土地の神さまをおまつりしているのかな?
[PR]
by bou2cat | 2006-11-24 14:31 | 生活
怒り
午前、納品。午後、吉祥寺。夕方、帰宅。

腹が立って仕方がない。感情が表面に出ることが、今週のエッセンスに対する自然な反応なのだと思うが、きわめて不愉快。早く過ぎてほしい。講座で習った怒りのエネルギーを解放する運動をしていたら、あまりの迫力に猫たちの目がまんまる。


猫写真

「ど、どしたの?!?!」

がるるるる・・・

猫写真

「変な人がいるニャー!」

がるるるるるる!!!

[PR]
by bou2cat | 2006-11-23 18:46 | こころ
疲れた。
眠くて眠くて眠い。仕事が落ち着いていることもあり、ぐーすか寝ている。例のCDをかけながら寝ているせいか、よく眠ることができる。こんなやつも買ってみた。私の場合、これは寝る時より、目覚めている時にいいみたい。瞑想本もいくつか購入。練習しよう。

昨日は講座で泣いた。穴があったら入りたいというのはこういうことか。恥ずかしいので、来週はもう行きたくない。。。(でも行くけど)。結局、講座初日の2日後から始まった微熱は、もう1カ月以上続いている。やはり内面の葛藤があるんだな。

よく、人の観察眼が鋭いと言われる。特定の人に対する印象を友だちと話していると、私が感じたものと他の人たちが感じたものがかなり違うことがある。見ているポイントが違うのかな。しかも、最近ますます冴えてきた。それは相手が伝えようとしているのだろうか。同じ人を見ても、これまでとは違う風に感じる。それは、むしろ私が変わったということだろうか。


猫写真

「グー」

猫と一緒にソファでうたた寝。

[PR]
by bou2cat | 2006-11-22 12:41 | こころ
初日の夕食
今回の旅行では徳島・秋田町の思い出の焼き肉屋「リトルコーリア」に行った。

肉写真

頼まなくても、勝手に出てくるロース。

これ、なーんだ↓


肉写真

ナゾの白い物体。


答えはミノ(牛の第一胃)。最初に出てきた時、何かと思った。一口大に切ってあるやつしか見たことないからな~。

両面を焼いたあと、おっちゃんがはさみで一口大に切ってくれる。肉を焼くのは彼の仕事。自分でひっくり返すと怒られます。「オッケイ」と言われるまで、はしを付けてはいけません。

他にタン(これも分厚い)とスープとご飯、飲み物でひとり約5000円(4人だったので2万円ちょっと)。安い~。満腹になり、骨付きカルビまで行き着けなかったのが心残り。
[PR]
by bou2cat | 2006-11-21 14:40 | 生活
金比羅さん
昨晩、無事に四国旅行から戻る。高松空港発の帰りの飛行機は乱気流だった(涙)。

今回の旅は食と人に会うことがメインだったので、参拝は香川の金刀比羅宮のみ。金比羅参りは2度目だが、今回は本宮の先にある奧社まで行ってきた。ご存じの通り、金比羅さんは階段がきつい。本宮まで785段、奧社まで行くと合計1368段。大変だった・・・。雨にふられなかったのが幸い。雨がひどかったら、奧社までは行けなかっただろう。奧社で引いたおみくじは「大吉」♪ おみくじに書いてあった和歌が、今回の旅を総括していると言えましょう。

 さびしさに 何とはなくて 来てみれば うれし桜の 花ざかりかな


御朱印帳写真

今回から御朱印帳を再開。


詳細は後日、神社ブログの方にまとめる予定。今回は食が充実していた。

ぶぶとミアミアはちゃんとお留守番をしていた。粗相もなし。えらいぞ。

<ミアミアの得意技>

猫写真

ミアミア 「これから、ぶぶ蔵さんを怒らせてみます」


猫写真

ミアミア 「あのね、bou2は粗相する猫は嫌いなんだって」


猫写真

ぶぶ 「ウワーン!!! そんなことないもん(泣)!!!」

[PR]
by bou2cat | 2006-11-20 12:42 | 生活