チューリップと金持菌
昨日は同業者A氏と新宿でランチ。最近どうですかと尋ねると、「パチンコ台で、チューリップが開くのをずーーっと待ってる感じ」だという。どよーん。いろいろと励まし、別れる。

猫写真

「おれ、辛い」「そのうち、いいこともあるよ」
(昨日のイメージです)

↑ここまで、景気の悪い話。
======================
↓ここから、景気のいい話。

その後、前に働いていた会社に電話。ちょうど夜の予定がないというので、社長と夕食。車で駅まで迎えにきていただく。ジャガーで来るのかと思ったら、「今日はレンジローバーで来たんだよね~。あ、前と色が変わってるから、間違えないでね」と電話ごしにいわれた。はてなと思いながら歩いていくと、前から来ましたよ、銀色の巨大な車が・・・。

社長「いやー、買い換えるつもりなかったんだけど、新モデルが出たっていうから、見に行ったら、衝動買いしちゃった!」

bou2「レンジローバーは衝動買いするもんじゃないと思いますけど・・・」

社長「そうかな~。あなたも衝動買いするでしょ?」

しますよ。ソニプラとかでな。

その後、夕食を食べながら、景気のいい話をたくさん聞く。世の中には、金持菌というものがあると思う。この菌はどんどん増殖する。金のある人には、どんどん金が集まる仕組みだ。持っていたことも忘れていた株が勝手に値上がりして、数千万円もうかっちゃったという話を聞くに至り、金持菌の存在を確信した。

「社長、今度株を買うときは私にも教えてください。同じやつを1万円分、買いますから」

「1万円じゃ、6倍になっても6万円だよ」

5万円増えても、うれしいですからー。今度社長と会うときは、シャーレと培養液を持参しよう。金持菌、カモーン!
[PR]
by bou2cat | 2006-03-14 12:35 | 生活
<< 誕生日 ボビン >>