ぶぶのうんち物語
昨日やっとクーラーをつけたのだが、頭痛に見舞われたあげく、吐き気までして最悪だった。仕事がいそがしく、最近一日一食。ぺたんこの身体にクーラーはこたえるらしい(設定温度29度だけど。。。)。

はなちゃんのことがあって、あまり相手をしていなかったせいか、先月はぶぶが2週間ほど私のベッドの上でうんちをしていた。遊んでやってもなおらない。「ぶぶはもう、ここがトイレって決めちゃったのかな・・・」と半ばうんちとの共生を受け入れかけていたのだが、諦める前にできることはやっておこうと、高さが低くて、なるべく面積の広いフラットタイプのトイレと、ペットシーツタイプのトイレを購入。フラットタイプのトイレは上のカバーを外し、下の部分だけにしたのでさらに広々(ぶぶは砂をかけないので砂の飛散は気にしなくていい)。さらにベッドの上でできないようにベッドの全面をおおうサイズの寝ござを買い、ベッドの上にセットした(これまで使っていたメッシュパネルはサイズがやや小さく、カバーしきれない部分にうんちをされてしまっていた)。

そうしたら、ぶぶがちゃんとトイレでうんちをするようになった~。広々トイレが気に入ったらしい。昔、フードタイプのトイレの上を外して使っていたこともあるのだが、あれは広さはあるがふちが高すぎたようだ。ちなみに、ペットシーツタイプはトイレと認識できなかったようで、シーツの上で箱座りをしていた。トイレでくつろぐな。寝ござはいぐさの香りがいやなのか、足元の安定が悪いのか、この上でうんちをしようとはしない。人間のお昼寝にももってこい。

新たな問題は、暑くて水を飲む回数が増えたためにおしっこの回数が増え、新聞紙が足りなくなってきたこと。でも、ぶぶはおしっこは新聞紙トイレと決めているらしく、なくすわけにもいかない。ペットシーツをはさみながら、なんとか対応している。隣の奥さんに古新聞分けてと声かけてみようかしらん?しょうゆを借りるという話は聞いたことあるが、新聞もあり?

ああ、たかがトイレの話でこんなに書いてしまった。むなしい・・・

猫写真

「ふちが低くて、広いのがよかったんだよ」

そうなんだ~。気づかなくてごめんね~。



猫写真

「Eau de Boubou....」

新作の香水?

[PR]
by bou2cat | 2006-07-12 06:38 |
<< くさいPHS 虫の話 >>